商品別工法

当社では様々な設置環境や条件などに対応した、防鳥対策商品別の工法を用意しています。
最適な工法を選択することで納期やコストが削減可能で、美観の保持にも繋がります。
ここでは鳩対策(ハト対策)やカラス対策で採用する各商品ごとの基本的な工法の一部をご紹介いたします。また各防工法ごとに取付方法をわかりやすく示した当社オリジナルの「施工ガイド」もご用意し、より判りやすい防鳥対策商品の提案に努めております。

トリカット2000 写真はクリックすると拡大されます

コンクリート部/埋込接着工法(工法番号:TS-3)

主に下地がコンクリートなどのケースで使用します。支持金具のステイがしっかりと固定され、美観上もシンプルに仕上がるメリットがあります。使用する副資材はI型ステイやCTアンカーなど。

コンクリート部/埋込接着工法(工法番号:TS-3)

コンクリート部/埋込接着工法(工法番号:TS-3)

施工ガイドはこちら ≫

施工手順はこちら ≫

金属パネル部/ビス止め工法(工法番号:TS-1)

主に下地が金属パネルなどのケースで使用します。最も代表的な工法です。使用する副資材はT型ステイなど。

金属パネル部/ビス止め工法(工法番号:TS-1)

金属パネル部/ビス止め工法(工法番号:TS-1)

施工ガイドはこちら ≫

他にも「金属パネル部/接着工法」や「H型鋼部/クランプ工法」などがあります。

防鳥ネット 写真はクリックすると拡大されます

ヒートンボルト/リング止め工法(工法番号:NS-1)

主に下地がコンクリートなどのケースで使用します。ヒートンボルトは軽量ネットを設置の際に最適です。ネットを結束するリング(SUS)は耐久性に優れています。

ヒートンボルト/リング止め工法(工法番号:NS-1)

ヒートンボルト/リング止め工法(工法番号:NS-1)

施工ガイドはこちら ≫

施工手順はこちら ≫

接着用プレート/リング止め工法(工法番号:NS-3)

下地がコンクリート、タイル、金属パネルなどのケースで使用します。接着用プレートは外壁に穴を開けずに取り付けることが可能です。ネットを結束するリング(SUS)は耐久性に優れています。

接着用プレート/リング止め工法(工法番号:NS-3)

接着用プレート/リング止め工法(工法番号:NS-3)

施工ガイドはこちら ≫

他にも「アイボルト・編み込み工法」や「クランプ・リング止め工法」などがあります。

剣山/ピンタイプ 写真はクリックすると拡大されます

接着工法(工法番号:KS-1)

しっかりとした下地(コンクリート・金属パネル・H型鋼など)であれば接着工法が可能です。それぞれの商品により使用する接着剤の種類、塗布の方法が異なります。

接着工法(工法番号:KS-1)

接着工法(工法番号:KS-1)

施工ガイドはこちら ≫

施工手順はこちら ≫

他にも「ホースバンド止め工法」や「クランプ止め工法」などがあります。

防鳥ワイヤー 写真はクリックすると拡大されます

金属パネル部/ビス止め工法(工法番号:WS-1)

主に下地が金属パネルなどのケースで使用します。ワイヤーを3段式にすることで、忌避効果がアップします。使用する副資材はT型ステイくの字3段式、スプリングなど。

金属パネル部/ビス止め工法(工法番号:WS-1)

金属パネル部/ビス止め工法(工法番号:WS-1)

施工ガイドはこちら ≫

施工手順はこちら ≫

H型鋼部/クランプ工法(工法番号:WS-4)

主に設置箇所がH型鋼部などのケースで使用します。専用クランプやパイラックは鋼版の厚さで使い分けします。

H型鋼部/クランプ工法(工法番号:WS-4)

H型鋼部/クランプ工法(工法番号:WS-4)

施工ガイドはこちら ≫

他にも「コンクリート部/埋込接着工法」や「金属パネル部/ビス止め工法」などがあります。

こちらで紹介した商品別工法は代表的な例です。他にも状況に応じた工法があります。詳しくはお問合せください。

工法紹介

  • 東京本社

    MAIL

    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道2F TEL.03-3423-0124 FAX.03-3423-2034

  • 関西支社

    MAIL

    〒541-0051 大阪市中央区備後町1-6-7 三星備後町ビル5F TEL.06-6203-0077 FAX.06-6203-0087

DOWNLOAD ダウンロード

担当者ブログ

BLOG 鳥害最前線